自分の魂パターンの割り出し方を知りたい方はこちらをご参照ください。
「魂勢バイオリズムの意味・解釈」についてはこちらで紹介していますので、併せてご覧ください。
--------------------------------------

<魂パターン【9】2020年一年間の意識ポイント>
【9】は、何よりも「自分スタイル」を大切にします。極論、それが一般的な常識やモラルと違ったとしても自分のやり方や考え方を優先します。
そして、【9】にとってはそれでOKです。周りに合わせる必要もなければ、独自路線を貫いて良いのが基本になります。

 

しかし、です。
この「自分スタイル」が問題なく通用するのは、(誰かからお給料をもらうのではなく)自分だけで仕事をしているか(キャッシュフローを生み出せている事実があるか)、逆に、誰かからお給料(キャッシュ)をもらえている環境であるかに限ります。

 

もちろん、それが悪いということではありません。でも「自分が好きなことで自活していきたい」という理想がある場合はちょっとだけ話しが変わります。
その違いは何か?というと、「相手(お客様)があっての自分のビジネスが成立する」という点。なぜなら、ビジネスはお客様あっての話しだからです。

 

つまり、自分スタイルは貫いても良いのですが、「自分ありき」だけで考えると物事が行き詰まる。「主観と客観のバランスを考えなければいけない」ということです。

 

【9】は「【私】はコレが良いと思ったんだよ。だから【私】はコレをするんだ、ね、いいでしょ!」という主観的な視点があります。が、これは趣味ならまだしもビジネスでは通用しませんし、【9】が失敗するとしたら、その原因はここだけです。ちょっとだけでもいいから「相手の事情・都合への配慮を持ってみましょう」ということになります。

 

かなり本質的なことを書きましたが、なぜこれをお伝えしたのかというと、【9】にとっての2020年は、自分独自でキャッシュフローを生み出したいという理想を持っている人にとって最適な一年だからです。

 

実は【9】は、キャッシュフローを生み出せる資質・コンテンツ(ネタ)・スキル・ノウハウを必ず持っています。そして、それを伝える腕力もあります。「でも上手くいかないんだよな…」と思っていたら、上記した本質的な課題にだけ特化すれば良いわけです。

 

そこで【9】にとっての一年間の意識ポイントは、「もっと自分を飛躍させたいならば、相手のニーズが何か?を常々考えていこう」ということになります。

 

【9】は魂的な経験値からも「相手のニーズ」を的確にキャッチする能力がありますし、それは【9】だからこその最強の武器です。その一方で、その提供・発信の仕方が独善的になる傾向がありますので、そこでだけ気をつけてください。

 

さて、【9】における「2019年の一年間の意識ポイント」の要点は、「他者との交流を多くもつこと」でしたが、これは今年においても重要なファクターになります。仕事量と認知度は「ご縁」だけで広がるからです。

 

ということで、主観と客観のバランスを取ること。そして、より多くの人との交流の2点を意識してください。
ご縁があなたを救います。

 

人間と人生の「酸いも甘い」もすべて潜在的に分かってしまっている【9】は、人類の叡智です。
どうぞその叡智を「他者ニーズ」に合わせて提供してください。想像を超えた展開が広がりいます。

 

 

<毎月の魂勢バイオリズムと意識ポイント>

 

・2月
魂勢が下降期に入った2月。運勢ピークだった手前2ヶ月間のパワーを継続していますから好調な月です。そのうえで大切なことは、「自分が大切にしている価値観への問題提起を感じさせる」現象が起こります。もちろんこれは「悪いことが起こるということではない」ので安心してください。でも「自分のやり方はこうなんだ!というスタイルに固執することに、一体どんな恩恵を生み出しているのだろうか?」という理想と現実(成果)へのギャップを感じやすくなります。
これは3月も継続しますが、ここで短絡的に「じゃあ私はこうするよ!」という結論を出さずに静観することがラッキーマインドです。

 

・3月
基本的に2月のエネルギーが継続されますので、2月の意識ポイントを継続すれば大丈夫です。しかし【9】の当事者からすれば「それって我慢しろってこと?」という感想があるかもしれませんし、その通りになります。しかし2月と3月においては「内省」をキーワードにすることが必ず後々で効いてきますので、突発的な判断を避けて「一旦熟慮する」というスタンスを取れば大丈夫です。

 

・4月
魂勢が下降期終盤の月ですが、以外にも活動的で集中力が向上します。そこで4月は「今後自分がやりたいことの綿密なプランニングをする」ことがラッキーアクションになります。得意の「段取り構築」のフォーカスしてください。でも、ジラジラしますか? 焦らないで大丈夫です。6月以降で形になりますので。

 

・5月
魂勢が一番低い月ですが、何か悪いことが起こるわけではないので安心してください。そして5月において大切なことは「滋養」、つまり「充電」です。よって5月は、あなたが「!」と直感した情報に触れて、自分がワクワクするようなことを優先してください。「あれ、なんかダラダラした時間を過ごしたけど大丈夫かな?」という不安があっても問題ありません。それでも自分が好きなことに時間を割くことがラッキーアクションです。なぜなら、6月から忙しくなるからです。

 

・6月
魂勢が上昇期に入りますが、「上昇期」ということは森羅万象エネルギーのバックアップが(改めて)強くなっていく時期に入ったということです。これは貴重な機会ですから、①自分がやっていること(やっていくこと)の情報発信と、②「協力者求む!」というコネクション構築に徹してください。とくに大切なのは「情報発信」です。「私は今後コレをやります」というアピールをすることで、森羅万象エネルギーの波に乗ることができます。「自己アピール」がラッキーアクションです。

 

・7月
7月は「交渉力」が向上します。そして、これまでの「内省・滋養・自己アピール」の成果が7月から起こってきますから、この両点をブレンドしないわけにはいきません。魂勢上昇期が中盤になった7月において大切なことは「多くの人と接すること」になります。ここまでで「自分はこういうことをしています(していきます)」というあなたの価値が確立していますから、それを「他人に伝えて」いきましょう。よって「相手の反応を怖がらないこと」がラッキーマインドです。

 

尚、【9】にとって8月〜10月が今年における一番パワーが発揮できる時期になります。収穫するのは下半期という認識で、上半期は「基盤作りの時期だ」と思ってください。もちろん、上半期からも良い結果が生み出されていきますので、常に「一年間の意識ポイント」に留意してください。
楽しみな一年です。

 

ステキな上半期、そして一年でありますようお祈り申し上げます。

 


上記の内容をPDFとしてダウンロードしたい方はコチラからどうぞ。

(個人利用に限ります)

ダウンロード
魂パターン【9】2020年上半期魂勢.pdf
PDFファイル 167.1 KB