【2019年のスピリチュアルテーマについて:「自分を大切にする」とは?】 

 

前回のメルマガでは、
「愛と愛情で仕事(ビジネス)は成立するのか?」という
奥深い問題提起を扱いました。

 

それは、本年のスピリチュアルテーマが
「愛と愛情の発揮」であることと関連しているからなのですが、

 

なぜ「愛と愛情の発揮」なのでしょうか?
それが私たちとどう関係するのでしょうか?

 

これは大切なテーマなので、
数回のメルマガに分けて紹介したいと思いますが、

 

まずは基本的なことを
祖父はこう語ります。

 

************

 

ちょっと小難しい話だが、
昔からの叡智で
「富める者はますます富み、
貧しき者は持っているものさえ奪われる」という言葉があるが

 

これが、現実を作っている隠された原理なんだ。
人生でも、会社でもなんでもね。

 

もちろん、奪うとか
他を蹴落としてでも豊かになれという意味ではないし、
すでに成功している人は有利で
困っている人は不利だという話でもなく、

 

自分をどう定義しているか?という話になる。

 

この叡智の本質的な教えは、
自分とは、自分で定義している「自分」がそのまま醸成され、
現実とは、その自分が影響度を与えた環境であるということ。

 

これは、会社や企業にも言える。

 

結論を言えば、
「まずは自分を大切にしてほしい」ということなんだ。
愛と愛情の発揮とは、イコール
「自分を大切にすること」と同義語になるからね。

 

じゃあ、自分を大切にしているかな?

 

なぜこの話をしているか?というと、

 

自分を大切にしていないケースが多いし、
自分を大切にしないと生き残れない時代になってくるからなんだ。

 

確かに現実的に考えれば
毎日忙しいし、やるべきこともたくさんある。
それでいながら「こうありたい」という理想もある。
それで結局は「何も進展していない」という現実を作り出す。

 

でも、そろそろ、
そういう状況から脱却したほうがいい時期にきているし、
「今」何を行い、何を準備していくか?という話でもあるんだ。

 

ここで、とりあえず小難しい話は置いておいて、
わかりやすく考えてみようか。

 

「大切」とは「大きく切る」と書くから
「自分を大切にする」とは
「自分を大きく切る」ということになる。

 

さらに、もともと「大切」とは
「大迫」と書き、「自分に大きく迫る」という意味だった。

 

つまり、自分を大切にするとは
「自らを切り、自らの本質に迫る」ことを意味している。
すべてはここからスタートするんだ。

 

じゃあ、これが「愛と愛情」と
どう関係してくるのだろうか?

 

そこで、愛のなかで
一番強い「愛」は何かな?

 

(次回に続く)