【守護霊・指導霊・ご先祖様。各々の役割と「あなた」との関係性とは?】

 

以前のブログで扱った【出逢いは守護霊が起こしてくれる】という祖父への感想が多く、また、ご先祖様・守護霊・指導霊など、感覚的に理解している存在の関連性についてのお問い合わせが多数ありましたので、一度整理してみたいと思います。

 

しかしながら、各々を詳述すると情報が多くなってしまうので、【一体どの存在が私を助けてくれるのか?】という「助けてくれる存在」をテーマに扱いたいと思います。

 

尚、「助け」や「叶う」とはすべてはエネルギー作用の結果(現象)なので、「助けられる」とか「助けられない」という表現はいずれも心理的(感情的)要因ではなく、物理的な作用であることをご理解ください。

 

<守護霊について>

守護霊の実態については以前に詳述したので割愛しますが、守護霊の役割は【出逢いをセットアップすること】なので、出逢いにまつわることならば助けられる存在です。逆に言えば、何か困ったときにいちいち助けてくれる存在ではありません。

 

しかし、守護霊が動く(出逢いの)基準は【あなたの魂と人生との発展のために必要な出逢い】なので、自分の都合だけで「こういう人と出逢いたい!」とお願いしても出逢えません。

 

魂の情報に根ざした人生ビジョンを押さえた上でお願いしないといけないわけです。

よって、なかなか良い出逢いがない場合は、魂の理想と自分の願望がズレていることがほとんどだと思ってください。

 

<指導霊について>

守護霊の上に位置する存在が指導霊で、指導霊は守護霊のプロデューサーとも言えます。

指導霊は、あなたの人生に介入が必要な時にだけ動くので、(守護霊と同じく)困ったからといっていちいち助けてくれる存在ではありません。

 

また、守護霊は今生を観ていますが、指導霊は今生だけでなく輪廻転生(前・今・来)を俯瞰したうえですべてを判断します。

 

その判断理由(介入理由)は大別すると2つです。

・大きく人生を踏み外している場合。

思考や固定観念で大きな勘違いをしているために人生が膠着状態にあった場合。

 

要は【矯正が必要な場合】に指導霊は介入してくるので、「介入=変化」となり人生は激変します。

なので私たちとしては、最初は「何が起こったのか!?」と、それまでの理解を超えたことが人生に起こりますので大変かもしれません。

 

喩えれば、どうすることもできなくなった虫歯治療のために、最初に痛い麻酔注射をするのと同じです。でも、確実に良くなります。

 

ちなみに、指導霊は(守護霊と同じく)【人との出逢いによって改善を図る】ので、霊的な変化や奇跡が起こることはほぼ無いと思ってください。

 

<ご先祖様について>

ご先祖様は助けてくれます。

しかし、ご先祖様の役割は一族の流れを見守ることなので、困ったときに助ける動機も【一族(ご家族)にまつわることに関連していること】が最低条件になります。

よって「成功したいから叶えてください」と自己完結なお願いをしてもご先祖様は助けられません。

 

もっと言えば、ご先祖様たちは命をかけて代々を繋いできました。要は「必死に生きてきた」ので、あなたの「生きる姿勢」も観ています。

よって、ご先祖様の助けを得るキーは【お願いする動機と生きる姿勢】次第になります。

 

 

結論を言えば、

あなたに一番身近なスピリチュアルな存在はご先祖様であり、実は、ご先祖様が色々と助けてくれるというのが実態です。

 

祖父はこう言います。

 

語弊があるかもしれないが、困ったらご先祖様を意識して祈るといいんだ。

いずれにせよ大切なことは、「自分の人生(人生軌道)が基準」で助けが起こることで、そのためには「自分とは?」と「自分の人生とは?」への理解が大切になる。だから、魂に着目するんだ。

 

では、神様とは何なのでしょうか?

それは追って詳細しますが、神様については話は単純ではありません。

 

なぜなら、神様と自分との関係性には、ある程度の「信仰」が必要になるから。もちろん、この「信仰」とは宗教的な意味での「信仰」ではない。が、どれだけ自分のなかで神様の実態が持てるかどうか?という意味になるから、意外と日本人の精神性では理解できないことなんだよね。

 

 

神様については別で扱いますが、

守護霊・指導霊・ご先祖様の役割と特性を知っておくと、自分が大切にすべきこと、意識すべきことがわかってきます。参考になれば幸いです。