【成功者が大切にしている精神性とは?】

 

「成功者が成功できたのは、
彼らがスピリチュアルを知らなくても
スピリチュアルの本質に気がついたからで、
その視点と同じ視点が持てればいい」
と祖父は言います。

そして、その視点とは
【なぜ自助努力以外でのご縁が起こったのか?】
という着眼点だとも。

どういうことでしょうか?
なぜそれがスピリチュアルの本質なのでしょうか?
さらに(今継続しているトピックである)
「スピリチュアル領域の実態」と
どんな関係があるのでしょうか?

祖父の言葉です。

--------------------------------------

 

【成功者が大切にしている精神性とは?】

 

成功者は本質的な自助努力を
常にしているわけだが、
自分が払った努力では説明のつかない
チャンスやご縁を体験している。

「原因と結果」の因果関係を
分かっているから努力するにも関わらず、
明らかに「自分に起因していない」ように思える原因で
良い結果が起こることも分かっている。

たとえば、行き詰まって窮地に追い込まれた時、
もうどうしたらいいのかも分からなくなった時、
判断に困った時など、

なぜか、そういう状態から救ってくれる人と出逢えたり、
仕事が舞い込んできたり、
決定的なヒントが得られたりする。

そこで成功者は直感的、もしくは確信的にこう考える。

誰が(原因となって)助けてくれたのだろうか?

でも、現実に思い当たる節はないし、思い当たる人もいない。

ここで「どうやら不可視な要因があるのかもしれない」と洞察する
スピリチュアルを知らなくても、
人は不可視な要因との連動で生きていること
もっと言えば、目に見えない存在とのパートナーシップがあることを直感する。

その「存在・要因」への「感謝と敬意」を大事にしているのが成功者だ。

その存在・要因は
ある人にとっては神かもしれない
ある人にとってはご先祖かもしれない
ある人にとっては守護霊かもしれない

いずれにせよ、
目に見えない存在とのパートナーシップがあること
その存在への感謝と敬意を大切にするという精神性を大切にしている。

だが、これは「信仰」ではない。
信仰は依存だが、
感謝と敬意は相手を尊重する意識だ。

ここを履き違えると間違える。
このことも成功者は分かっている。

以上がわかったうえで
あなたを中心にしたスピリチュアル領域の話をしよう。

 

(次の記事を読む >>>)