【「やりたいこと」ができない本質的原因とは?】

 

あなたが本音で、心の奥底で思っている
「やりたいこと」は何でしょうか?

祖父は
「自分がやりたいなと思っていることと、
本音で、魂でやりたいことは違っていることが多い。
でも、それに気づかない」と言いました。


これは経験上、
また、これまでの様々なカウンセリングや
コンサルティングの事例からも
事実だと思っています。

とくに、今現在やっているお仕事があったとき
それが現在の責任であり
そのために時間・体力・知力を使っているので
奥深い本音にはなかなか気がまわらないものでもあります。

でも「それが分からないんだよ」
という本音もあることでしょう。

では、どうしたらいいのでしょうか?
何を指針にしたらいいのでしょうか?


祖父の言葉です。

--------------------------------------

【「やりたいこと」ができない本質的原因】


そこで、あえて言うが、
本音で、魂で「やりたいこと」は
実は分かっているんだよ。

ただ、それを認められないだけなんだ。
もちろん、認められない理由は幾つかあるだろうね。

時間がない
お金がない
やり方がわからない
失敗が怖い
結果が出なかったらどうしよう
批判されたらどうしよう

でも冷静に考えれば、
それらは障害ではない。

やればいいのだから。

「やること」自体に問題はないよね。
わかるかな?


そこで「結果」がほしいなら、
結果が出せるような段取りを組めばいいだけであって、

「やりたいこと」ができない本質的原因は
自分が自分を認める(肯定する)ことが怖いんだよね。


でも、そうは言っても、
ためらいがあったり、自信がなかったりする。

なぜなら「感情論」で物事を考え、
感情論で自己否定するから。
そして、自分の本当の価値を知らないから。


つまり、自分の本音や自己本質への抵抗は
他の誰でもなく「自分」であり、
可能性を阻むのも「自分」なんだよ。

ということは、
自己への抵抗を払拭するのも「自分」であり
すべては「自分次第」になる。

ここにきて、ようやく
自分以外への言い訳がなくなる。

じゃあ、自己とは何だろうか?
魂とは何だろうか?

自分を軸にして
魂や使命、輪廻転生、森羅万象について
本格的に整理整頓していこうか。

 

(次の記事を読む >>>)