【解決法の模索する前にするべきこと】

以前のメルマガでもお話ししましたが、
昔の私にとってはスピリチュアルがすべてであり、
引き寄せなど精神世界的なことだけが解決法だと
思っていました。

 

そこで(以前のブログ)「魂の掟」において祖父は
根こそぎ私の考えを否定していったのですが、
これは、引き寄せが正しい or 間違っていることを言いたかったのではなく、
ある重要なことを気づかせるためでした。

 

結論から言えば、
祖父は私に常に「問題提起」をしていたのです。
なぜでしょうか?

 

祖父の言葉です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【解決法の模索する前にするべきこと】

 

「なんとかしなければ」と思ってはいても
現状がとても厳しい状況だったり気持ちが追っつけないこともある
そんなとき、どうしたらいいのだろうか?

 

厳しい理由・現状には様々なケースがあるが、
よくある問題は「お金」だと思う。

 

でも、お金の問題に関しての解決方法は1つしかなくて、
お金が不足しているなら働くしかない。

 

それ以外での解決法はないから、
仕事をすること、努力することを度外視して成功を保証する何かがあったら
(大智はそれを求めていたわけだが)
早急に辞めたほうがいい。

 

だから(私が大智に)言えることは
とにかく仕事をして生活の基盤を立て直し、
それ以外のことは気にしちゃいかんってこと。
考えていること、現状、やっていることが繋がっていないんだよ。

 

そして、人生と仕事は連動しているから、
人生を立て直すには仕事(働き方)を立て直し、
仕事(働き方)を立て直すなら人生の生き方(使命と方向性)を立て直す必要がある。

 

どちらが先か?は当人の現状によるが、
つまりは「これまで」と「今」の考え方が正しくないってこと。
方法論を考える前に、考え方を変えないと。
だから(前に)厳しく諭したわけだ。

 

たとえば、引き寄せの法則に望みをかけて実践しても
上手くいかなかったとしよう。
そこでさらに「じゃあどうしようか?」と思案するわけだが、
そこで採用するのは「もっと引き寄せる奥義」みたいな同じ路線を勉強したりする。

 

要は、考え方が変わっていないわけだ。
考え方を変えない限り、解決法も変わらないからね。

 

そこでオススメしたいのは、
脳って問題提起しないと同じクセをずっと繰り返すから、
「ちょっと待った、そもそも私の考え方は正しいのか?」と
一度自らに疑問を提起するのがいいよ。
誰か信頼できる人に相談するのもいいと思う。

 

ということで、しばらく現実的なことを話してきたが、
ここでもう一度「魂」や「使命」について
考察していこうか。

 

さっきも言ったが、
「なぜ仕事において使命が重要なのか?」について
もう少し考えてみよう。

 

使命など知らなくても
成功している人がいるようにも思えるケースがある。
でも使命が大切だよ、
魂が大切だよと私は言っている。

 

なぜだろうか?

 

(次の記事を読む >>>)