【理想の相手に出会うための「奥の手」とは?】
数年前に書いていた
「魂の掟」というブログでは、
恋愛・結婚など人間関係に関する
祖父との対話が相当数扱われました。

また、初期のカウンセリングでは
恋愛関連の相談を受けることが多かったですが
一番多かった質問が
「どうしたら理想の人と出会えますか?」という質問でした。

恋愛や出会いに関する祖父の教えだけでも
セミナーが出来てしまうくらいの情報量がありますが、

細かいことの前に
出会いのための大前提があると祖父は言います。

私はいつもこれをお伝えしていたのですが、
祖父はこう語ります。

--------------------------------------

理想の相手に出会うための「奥の手」とは?

まず、
恋愛は自分を知るため、
結婚は自分を磨くためにあって、

恋愛と結婚の魂論的な目的は
これだけなのだが、

つまり、魂の出会いというのは
恋愛したいのか?
それとも結婚したいのか?の目標を
まず決めないといけない。

恋愛したいのか?
結婚したいのか?
本音はどちらを求めているのか?

これを考えてみる必要がある。

そうなると、
「結婚は恋愛の延長戦にあるのだから、
結婚したいと思っていれば恋愛の出会いも込みでしょ?」と
思うかもしれない。

ま、私から言わせてもらうと
その考え方が出会えない原因の意識になってしまうのだが、

たしかに、プロセスとしては一直線かもしれない。
でも、各々の目的が違うのだから、別々で考えないといけない。
路線が違うという感じだな。

向かう方角は同じでも、「責任」という駅で
路線を乗り換えるのが恋愛と結婚の違いなわけだが、
「責任駅に最初から行きます」と決めていれば
そこに行けるのと同じだ(結婚したいならね)。

でも、恋愛したいのか? 結婚したいのか?すら決めていなかったら
どちらの改札口にも行けないよね。
出会いをセットアップする守護霊からしたら
「で、どうしたいんですか?」という疑問だけになるから。

あとね、
これは出会うための「奥の手」なのだが、

「自分に最適な人と出会わせてください」と
魂に委ねちゃうのもいい。

これは恋愛・結婚だけではなく仕事にも適応できる。
なぜなら、人生の軌道上に
出会いがセットアップされているわけだから、
「こういう条件で!」と条件を決めなくても
出会えるものなんだよ。

ただし忘れていけないのは、
なんのための出会いなのか?という
「目標」があっての出会いだから、

恋愛したいのか?
結婚したいのか?

これを考えることがとても重要になってくるんだ。
 
 

(次の記事を読む >>>)