【自信の持ち方は、森羅万象のルールと深い関係があった】

 

前回の記事では、何かをしたいとか、理想を達成したいと思いながらも、
そうできない本質的な要因が「怖さ」であることを扱い、
自信を持つ2つのポイントを紹介しました。

 

そこで、どうしたら自信が持てるのか?という話に続くわけですが
祖父はここで「森羅万象」の話題を展開していきます。

 

いわゆる「宇宙のルール」の話ですが、
それと自信の持ち方とは、どう関係しているのでしょうか?

 

「宇宙と繋がる」とか「魂のレベルを上げる」といったことはよく聞きますが、
それを実現するキーは、森羅万象の特徴と自信とのブレンドにあるようです。

 

 

森羅万象(宇宙)には幾つかの特徴があって、
そのうちの1つが「助け合い意識」なんだ。
いわゆる「貢献意識」のことだね。

 

自然界を見渡しても分かるように、
お互いに関連し合って、影響し合って、
つまり「共存共栄」し合って存在しているわけで、
「すべてを単独で成し遂げよう」という設定が森羅万象には、ない

 

この特徴があるから、
「ご縁」「仲間」が発生するようになっているわけで、
なんでも「一人でやろう」としないこと。

 

前にフォーブスの話をしていたよね?
それが1つの答えだと思う。

 

(注)経済誌「フォーブス」の上位100社のうち、継続して成功している会社に共通している特徴は、チーム(複数人が関わること)が要因だったという調査結果を祖父に話したこと。

 

何をするにしても、森羅万象のルールに適応していくとやり易くなるし、
成功者はそれをわかっている人が多くて、自信の持ち方も同じ。

 

これは、一人で自信は持てても、一人で自信は「キープできない」ということでもある。
スピリチュアルや自己啓発をまじめに取り組んでいる人は
誰もが真面目で、素直で、純粋で、愛を大切にしているが、
ともすると「自分で何でもしなくちゃ」とか「完璧でなければ何もできない」という
ストイックさが前面に出てしまうことがある。

 

もちろん、人間は迷ったり、困ったり、悩んだりするものだが、
そんなときに「自力で」とか「神様(スピリチュアル)とつながれば乗り越えられる」というのは答えにならない。

 

それよりも、同じビジョン、同じ志、同じ感性や使命を共有できる「仲間」は同士だから、
もし、何か困っていたり悩んでいるなら、
助け合える人との関係性を大切にしてほしいんだ。
そうすれば自信は継続して持てるから。

 

ここしばらくは、使命・天命・宿命といった深い話が続いたが、
何が言いたかったのか?というと、
誰でも魅力と能力を持っているということ。
そして、それを活用すれば幸せと豊かさが実現できるということ。

 

なぜそう言えるのか?は森羅万象のルールがあるからなのだが、
この重要性は、森羅万象(宇宙)のもう1つの特徴である
「掛け合わせでエネルギーは物質化する」ということを知ると分かりやすいと思う。

 

これは忘れてはいけない深いポイントで、
これが分からないと、何も引き寄せられないんだ。

 

(次回に続く)