なぜスピリチュアルを知らなくても成功している人がいるのか?

彼らにとっての「ザ・シークレット」とは?

 

以前の記事では、スピリチュアル性を大切にしていらっしゃる皆様が、

その精神性を大切にしながら現実的に成果を出すための基本を紹介しました。

 

そこで出てきたのが「天命を意識する」ことが大切であり、

 

祖父いわく、

宿命・使命・天命・天職など「自分らしく働く」要素には色々なキーワードがあるが、

まずは天命を大切にしてほしい

ということが分かりました。

 

でも、なぜ天命が大切なのでしょうか?

そもそも、天命って何なのでしょうか?

 

これは「なぜスピリチュアルを知らなくても成功している人がいるのか?」への1つの答えでもあります。

 

私がホテルマン時代に出会ったほとんどの億万長者は、

まさに「スピリチュアルや自己啓発など知らないのに成功できた」人ばかりでしたし、

色々なことを教えてくれましたが、

 

そのような成功者が意識していたこと、

そして、私たちも意識できること。

それは何でしょうか?

 

以下、祖父の解説です。

 

<宿命・使命・天命・天職について>

まず、各意味を整理してみようか。

「宿命」とは、生まれるときに決めてきている諸々の条件のこと。

 

「使命」とは、読んで字の如し「自分の命の使い方」のことで、

基本的には、自分の命の使い方の主権を持っているのは「自分」だから、

自分の決定でどんな生き方・使い方をしても良い。

 

「天命」とは、使命を「社会への貢献」という目的で発揮すること。

 

「天職」とは、天命を意識して発揮できる仕事のこと。

もしくは、それを「実行する」こと。

 

さらに「使命」についてもう少し解説すると、

魂は「繁栄すること」がテーマになっているから、

誰でも豊かになれるようになっている。

 

でも、手持ちが何もないのに「豊かになる」というのは難しいよね。

しかし潜在的には、誰でも豊かになるための様々な能力や魅力を持っている。

これを「自己スペック」というが、

自分が生まれ持っているスペックを活かしながら、

自分の人生を生きていくことも「使命」になる。

 

それならば、自分のスペックって何?という疑問がでるだろうが、

それを知る一つのツールが「9つの魂パターン」になるわけだ。

 

<なぜ天命が大切なのか?>

そして、誰でも使命を持っているが、

使命を簡単に言えば、「自分の魅力や能力を発揮すること」を意味している。

問題は「発揮するだけではもったいない」こと。

 

喩えれば、

運動神経が割とあるし、野球が好きだから「私は野球をする」という感じだね。

インテリアが大好きで、いつもコーディネイトを気にしているから、模様替えが趣味とか。

もちろんこれでも良いのだが、

豊かになるためには、これだけではダメなんだ。

 

そこで「天命」が大切になってくる。

天命とは、自分の魅力や能力を社会にお役に立てる方向で発揮すること。

つまり、何かしら貢献することを意味しているから、

自分らしさを「お役に立てること」として仕事にすればリターンが発生するわけ。

 

さっきの喩えでいえば、

せっかく培ったコーディネイトの知識を提供すれば、

それだけでも仕事になるということ。

 

何が言いたいのか?というと、

基本的には何をしてもいいのだけど、自由に生きてよいのだけど、

社会と関わって生きているのだから、

自分が持っていることを何でも良いから社会にしっかり提供して仕事にしてみては?ということ。

 

自分が関心を払っていること、

時間を費やしたコトをアレンジすれば、

自分にリターンを生むことができるんだ。

 

スピリチュアルを知らないでも成功できた人の「ザ・シークレット」とは?

 

話を天命に戻すと、

なぜスピリチュアルを知らないでも成功できた人がいるのかが分かってくる。

 

それは、天命という言葉は知らなくても、

天命を発揮したから。

 

宿命だの、使命だの、天職だのといったことを知らなくても(気にしていなくても)、

自分ができることを知って、

「できること」を社会に「お役に立てる方向」で仕事にしてきたからなんだ。

 

それが商品なのか、

サービスなのか、

情報なのか、

マネジメントなのか、

流通なのか、

建築なのかなどの違いであって。

 

つまり、「自分らしさ」をまず「価値」として社会に提供したんだよね。

これが豊かになるための本当の「ザ・シークレット」だとわしは思っている。

彼らが成功できたのは、難しい理屈はなく、

とってもシンプル。

 

じゃあ、自分は何を価値として、どうやって提供できるかな?

 

だから「自分を知る」というのは大切だと思うんだ。

自分の使命(ミッション)を知るということは、

自分のスペックだけでなく、

自分がやるべきこと(ミッション)を知ることにも繋がるから。

 

<自分の感性を大切にしたい>

そして、もう1つ大切なのは、

スピリチュアルに関心があり、

自分のスピリチュアル性を大事にしている「あなた」がいる。

 

だからこそ、自分の良さを知って、

その良さを仕事や日常に発揮していこう。

そうすることで「自分らしく」生きることができるし、

自分らしく仕事することもできるし、

貢献できるしね。

 

せっかく生まれてきた人生だから、

もっと自分の魅力を発揮して欲しい。

たとえそれで大金持ちになれなくても(なることもできるが)、

キャッシュを生みだしながら、楽しみながら生きていくことは誰でもできる。

 

そういう面では、

今のそっち(現実世界)はとっても良い時代だと思うよ。

ノウハウやツール、システムが揃っているし、

自分でもできるのだから。

 

とは言いつつも、

そうしたい!と思っていても「いざ」となるとなかなかできないかもしれない。

 

資金がないから?

ビジネス理論を知らないから?

いや、本質的にはそういう問題ではないんだ。

 

もっと奥深い原因が自分の可能性を奪っている。

それを何とかしない限り、次へ移行するのは難しいから、

次は、その原因と対策を扱おうか。

 

(次回に続く)