<守護霊の実態と役割について③ 守護霊の行動基準>

 

守護霊の役割が「人とのご縁のセットアップ」であることは扱いました。
この現実世界は社会であり人間社会ですから、これは至極当然なことです。

 

さて、守護霊があなたを助ける基準は何でしょうか?
それが、あなたの「魂」です
守護霊は、あなたの魂の必要性を基準にして介入してきます。

 

「魂の必要性」とは、あなたがこの人生で学ぶこと・達成すること・カルマの解消に役立つことの「すべて」です。
つまり、これらの目的に沿った「出逢い・ご縁」を守護霊はプロデュースします。
当人の魂(意識)を無視したり、越権したり、勝手な都合を優先したりしません。

 

逆に言えば、たとえば「お金に困りたくないからお金が欲しい」と願っても守護霊はお金をくれません。
「結婚したいから理想の人と出逢いたい」と願っても出逢わせてくれません。
当人の願いと魂の事情が合致していれば、守護霊は惜しみなく与えてくれます。

 

そうなると、「自分の魂の事情(魂の必要性)とは何か?」ということが気になります。
祖父が言っていたように「魂は情報」なので、自己の魂を知れば、自分の魂の必要性は理解できます。

 

さて、守護霊があなたを助けることには、霊的覚醒・気づきが必ず関連しています。
ただ出逢いをプロデュースするのではなく、「魂の成長につながるための出逢い」を加味しているわけです。

 

では、「霊的覚醒・気づき」とは何でしょうか?
前回も触れましたが、「霊的な覚醒」や「内なる気づき」とは「自己の本質を思い出すこと」です。
要は、「自分の魂を知るためこと」が霊的覚醒・気づきの真意です

 

自分(魂)は、どんな情報を持っているのか?
自分(魂)は、どんな可能性を持っているのか?
自分(魂)は、何をすべきなのか?
そのために何を考え、何をすべきなのか?

 

それらに気づくことが「気づき」であり、魂を尊重して実践することが「覚醒」です。
一般的には「霊的覚醒」は、スピリチュアル的な飛躍と認識されることが多く、「現実逃避」としてのアセンションや次元上昇が話題になりましたが、それはまったく関係ありません。
この現実世界で自己を発揮して生き抜くことがこの世界に生まれた理由ですから、生きている以上はこの現実世界から「抜ける」ことは絶対にないわけです。

 

魂は、あなたの幸せを願っています。
守護霊は、あなたが幸せに人生を生き抜くためのサポートをしてくれます。
幸せであることは、「人権」ですから。

 

では、どうしたら効果的に守護霊に働いてもらうことができるのでしょうか?

 

 

つづき「守護霊の実態と役割について④ 守護霊を継続的に発動させる方法」は、こちら>>