<億万長者のクライアントが語った、「魂の掟」の核心を要約した言葉>
先日、魂の掟セッションを受けたクライアント様からお便りを賜りました
Aさん(仮名)はある超有名ブランドの社長であり、世界で事業展開している億万長者でもあります。
私がお会いしたのは、ブランドの成長が最初のピークを極め、事業戦略上においては「横ばい」になっていた時期でした。
事業における戦略は、経験値やセオリーを知っていれば対応できます。が、それでピークを迎えた後の更なる展開を目指した時、Aさんは、事業の展開はそのオーナーである自分の意識と関係しているように思えると直感され(そもそもご自分でそう気付けることがスゴイことなのですが)、ご縁があって魂の掟セッションを受けることになりました。
そこで、自分のしてきたこと、これからしたいことが自分の魂と合致しているのか? それを踏まえた上で今後何を意識して、何をすべきなのか? やりたいことが多岐に渡る中で、何を基準に取捨選択の判断を下すべきなのか?など、自分の魂を基準にしての判断基準を学びました。
その後、事業は更に展開し年商も倍になり、新しく海外展開する事業も始め、アメリカで大きく動き始めています。
今回ご紹介したいのは、Aさんからのお便りにあった、ある言葉です。
これは、魂の掟の核心を見事に要約していて感銘を受けました。
 
魂の本質に気づくことで自分の使命に気づき、カルマ感情に振り回されないことを意識しながら自分の役割を果たすこと。それに努力することの大切さを実感しました。魂の掟が示すように「人生は選択」です。その判断基準が自分にあることに気付けたことが何よりの武器です
これは、魂の掟の三原則を見事に要約しています。
①自分の本質に気付くこと
 →自分を客観的に理解すること
②カルマ感情に気付くこと
 →乗り越えなければいけない要素を知ること
③やるべきことに集中すること
 →努力と自分の本質を合致させること
人生は、選択・決断・行動で如何様にも変わってしまいます。
特に「選択」で迷います。
そして、魂は「情報」ですから、そこから多くの本質を知ることができます。
魂を単なるスピリチュアル的なものとして抽象的に捉えていては人生をムダにしてしまいます。
そもそも、この人生はあなたの魂が決めた人生なのですから、根幹である「自分の魂を知ること」はとっても大切です。