<人生のプロデューサーは、誰?>
「高島嘉右衛門」という人物をご存知でしょうか?
江戸末期に生まれ、幕末から明治期にかけて横浜のインフラ整備をすべて担当し、その生涯で数々の会社のオーナーを務めた実業家です。
鉄道の必要性を政府に進言したのも彼であり、その結果として新橋・横浜(現:桜木町)間を最初の列車が走りました。
「なぜ最初の鉄道が江戸と横浜だったのか?」の理由は彼にあるわけです。
現在は、赤穂浪士で有名な「泉岳寺」に眠っています。
彼は実業家として有名でしたが、その裏の顔が「霊能者」だったことでも有名です。
初代総理大臣である伊藤博文など、時の要人たちが隠密で横浜にあった彼の私邸に相談に来ていました
彼の私邸があった近くには、「一見様お断り」の隠れた名店が現在でも存在しています。が、そこは、要人たちが彼の私邸に相談に来た際に寄ったお店が起源になっています。
いわゆる、占いの「高島易」の「高島」とは、彼の名前に由来しています(実際は、彼の名前が勝手に利用されているだけなので、現在の「高島易」に高島嘉右衛門の奥義は含まれていません)。
そんな彼の生涯を追っていくと、成功の裏で数々の苦労も経験しています。
牢獄に入れられたこともあります(要は「懲役刑」を食らったわけです)。
しかし、明治期の政策を裏で決めていたと言われる彼が霊能と出逢ったのは、その獄中でのことでした。
人生とは不思議なものです。
自分の理想や意志とは関係無く人生が展開していくことが多々あり、要は「自分の理解を超えたこと」が起きるわけです。
しかし、それは「間違い」なのではなく、魂のガイド(導き)です。
あなたの人生のプロデューサーは、あなたの魂です。
作品を世の中に提示する際には必ず「プロデューサー」が必要ですが、人生も作品です。
そのプロデュースデータが、すべて魂に書き込まれているわけです。
そして、それを自分自身で知ることも可能です。
それが「魂の掟」です。
自分の感性を、
自分のセンスを、
自分の理想を、
そして、
自分の存在を、大事にしていきましょう。
あなたの人生は、誰のものでもありません。
あなたのものなのですから。