<理想が無いのは、ダメなの?>
お問い合わせの中で、「私には理想がありませんが、大丈夫でしょうか?」という質問が多々あります。
結論から言うならば、理想がなくても問題ありません。
気を付けなければいけないことは、なぜ理想が無いことに違和感を感じてしまうのか?です。
その多くは、成功だの、夢を叶えるだのといった理想至上主義がもてはやされる社会通念との比較です。
そして、理想を叶える為の方法論として、または解決策として精神世界系に興味を持つ人が多いことも理由にあるでしょう。
「引き寄せの法則」などは、その良い例ですね(まったく価値がないノウハウなのですが)。
物欲がない人はいますし、成功欲がない人もたくさんいます。
それは間違った事ではありません。
しかし、問題なのは「そもそも、なぜスピリチュアルに関心を持っているのか?」です。
今、ここでその答えを出してみてください。
なぜ、スピリチュアルに関心があるのでしょうか?
そして、スピリチュアルに何を求めているのでしょうか?
この質問は、自分の本質を浮き彫りにします。
・理想を見付けたいからですか?
・理想を叶えたいからですか?
・心の悩みを解決したいからですか?
・スピリチュアルへの理解を深めたいですか?
・具体的な問題を解決したいからですか?
・幸せになりたいからですか?
・スピリチュアルからご利益を得たいからですか?
・生きている意味や意義を発見したいからですか?
・他に何かありますか?
どんな理由でも構いません。
しかし、いずれの理由であれ、その解決策は各々で変わってきます。
なぜならば、スピリチュアルに関心がある場合(それ以外でも同じことですが)、その理由や動機が自分でハッキリと理解できていないと、得る情報の精査と適応を間違えてしまうからです。本質を見定める視点を持てるか否かは、人間関係でも、仕事でも、人生においてもその質に影響を与えます。
理想を持たなくても問題ありません。
しかし、もし「理想を持ちたい」と思うなら、「自分の理想は何か?」ではなく、「自分は何を求めているのか?」を自由に考えてください。そうすれば、おのずと理想は出てきます。それがどんな内容であれ、他と比較せず、素直にそれを求めましょう。
生きているだけで、立派なことです。
祖父は言っていました。
「生きていることが、最大の奥義だ」と。
これは含蓄のある深い言葉でもありますから、ここから洞察できることも多々ありますが、まずは自分が生活できていることに感謝したいものです。
それで困ったことは一度もありません。