<お守りはたくさん持っていても大丈夫?>
「お守りやラッキーアイテム、お札などを幾つも持っていますが、混在して所有するのはエネルギー的に大丈夫でしょうか?」というお問い合わせを頂きます。
結論から言うならば、まったく問題ありません。
「神様同士でケンカしてしまうから」というのは一般的に聞かれる理由ですが、そもそもお守りなどに神様のエネルギーは存在しないのでケンカなどしません。
そもそも「ケンカしてしまう」という発想が人間的です。
神様がいると仮定して考えた場合、神様はそんなに近視眼的な見方をするでしょうか?
また、「効果が薄れるから」という理由も聞きますが、前述したようにお守り自体に効果は無いので、これも気にする必要はありません。
他には「お守りやお札などを介して神様はエネルギーを与えてくれるから」という理由も聞きます。が、エネルギーは直接「あなた」に働きかけるので、物は関係ありません。
直接誰かに御礼を言えばよいものを、代わりに言ってくれますか?と第三者に頼むのと同じで、エネルギーは非効率的な方法(流れ)は取りません。
そうなると、お分かりの通り「じゃあ、なぜ持つのだろうか?」という素朴な疑問が出てきます。
大事なのは、「どんな期待を込めているのか?」という「所有の動機」です。
つまり、幾つも持っている(買ってしまう)動機ですね。
持つも、持たないも各自の自由ですが、そこに効果(ご利益)を求めるのは間違いです。
これは、気持ちの問題や信じるか・信じないかといったことではなく、「結果を求める方法として間違っているから」という「方法論の問題」であり、壊れたパソコンを直したいのに病院に行って治すような間違いと同じなわけです。
昔に私が祖父からこう言われたことがあります。
「お守りなどをすべて捨てなさい」
これで、どう感じるかです。
もし「怖い」とか「不安だ」と感じるとしたら、それは気持ち的な問題です。
私は「処分しろ」とは言いませんが、せっかく持っているなら、心配するよりも「みんな、ありがとう!」と思っているほうが精神衛生上では良いとお伝えしています。
お守りなどに結果を任せるよりも、「お守りを超える」くらいの気概が良いでしょう。
なぜなら、祖父いわく「神様は当人の生きる姿勢を見ているからです。
続けてこうも言っています。
姿勢は「責任意識」とも言い換えられる。
責任意識とは、やり切る意識。そして、受け切る意識のこと。
 
自分の求める理想・人生・幸せに対して『自分が背負う』という責任を持つことが大切になる。
理想を叶えられない原因には、『責任を背負いたく無い』という動機が多い。
 
理想が叶うことは考えても、叶った後のことを考えなことが多い。
エネルギーは、責任意識を持って取り組む姿勢に反応する。