<健康維持のために必要な4つのこと>
天候が二転三転するこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか
前回のメルマガ(第45回 8/8 配信)からだいぶ日付が経ってしまいました。
個人的なことで恐縮ですが、8月に脳梗塞で倒れてしまい入院生活を余儀なくされていました。
お陰様で無事に回復し退院できましたが、改めて「健康」と「生きていること」への感謝を痛感する毎日です。
さて、
ブログ「魂の掟」でも紹介されていましたが、健康維持のために意識すべき要素が3つあります。
① 腸内環境
② 血の質
③ 血の流れ
これら3つを整えることが重要だということだったわけですが、今回の入院で担当医もまったく同じことを言っていました。
さらに医師は「④ カルシウムの摂取も大切だ」と言っていました。
昨今多くのサプリメントが出ていますが、それはあくまでもプラスアルファであり、人間を構築している細胞にとって根本的に必要なものはカルシウムだという、これには至極納得した次第です。
また、成功することばかり考えていた当時の私に対して祖父は、究極の成功奥義として次のことを語っていました。
生きていること。
これが究極の成功奥義だ。
この言葉の真意や重みも今回改めて痛感しました。
正直に言えば、究極の成功法則が『生きていることだ』というのは、当時は肩すかしをくらったようでガッカリでした。誰も知らない秘中の奥義があるのではないか?と期待していたからです。
しかし、生きていることは奇跡です。
これは、生きていることへの「感謝を持つ」ということだけではありません。
生きていることは奇跡ですが、それは「自分が存在していることへの敬意」という意味であり、自己の尊重にも繋がります。
要は、「命」というパワーへの感謝と命の使い方です。
ま、難しいことはさておき、健康は大事です。
お互い自愛していきましょう。