【アセンションの扉が閉じるとは?】

 

今回は番外編として「アセンション」について紹介します。

最近、様々な人から
「そろそろアセンションのゲートが閉じるようですが、
どういう意味ですか?」という質問を受けることがありましたので

その点について祖父の言葉を紹介します。
1つの考え方として楽しんでください。

祖父の言葉です。

--------------------------------------

【アセンションの扉が閉じるとは?】


アセンションとは次元上昇(という意味)だっけ?

何が次元上昇するの?
次元そのものが3次元から5次元に上昇するの?

そうか。よく分からないな。。。

ま、正直言うとね、
私は「アセンション」自体についてはあまり関心がないんだ。
生きていれば、人は睡眠時に誰でもアセンションしているし、
現実は変わらず続くし、
何か劇的な変化が起こるわけじゃないから。

仮にもし次元上昇して変化が起きて
「何もかもが変わって救われるかも」と期待しているとしたら、
残念ながら、現実は変わらずのままだよ。
宗教によくある「終末論」の焼き直しみたいな観念のように思えてしまうから。

ただし、「アセンションの扉が閉じる」というのは分からなくもない。

昔も話したが、
2020年以降の約3年間ほどは
エネルギー的に「変化を起こしづらい」時期になる。

と言うのは、私なりの表現で言えば、

理想は自分のエネルギーにマーキングすることで
マーキングした内容が形になっていくんだが、

2020年以降になってマーキングしようとしても
刻印しづらくなるんだ。

その境目を「扉」と表現し、
「それ以降は刻印しづらくなるよ」
「変化を起こすのが簡単にできない時期になるよ」という意味なら
扉が「閉じる」というのは(表現として)分かる気がする。

つまり、今は、自分の理想を自分に刻印するのに最適な時期であり
その情報が今後数年間ホールドされる(優先される)ってこと。

仮に 2020年以降に
「あ、私はこういうことをしたいから生き方を変えよう」と思っても、
変化が起こせないわけじゃないが、変化を起こしづらくなる。
2020年以前の情報(習慣・考え方)がホールドされてしまうから。

じゃあ、どうやって刻印するのか?

もし理想の働き方や生き方があるなら、
今のうちに、それに直結することを

何でもいいから
些細なことでもいいから
実践したほうがいい。

要は「初めの一歩を踏み出してみる」こと。

その際に大切なことは、
ちゃんと「決めること」だよ。

「こうだったらいいな」という漠然としたイメージではなく、
自分の本質に則った理想を「形にするんだ」と意思決定すること。

意思決定しないと何も始まらないからね。

具体的に何かやってみること。
これがキーになると私は思っている。